waraton's Room

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の渥美半島一周サイクリング(その2)

<<   作成日時 : 2017/03/19 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

3月の3連休中日(2017/03/19)、車に自転車を積んで渥美半島へサイクリングに出かけた。
強い向かい風(西風)を堪えてようやく渥美半島の先端、伊良湖岬に到着。

画像
<恋路ヶ浜の菜の花畑(14:15)>
菜の花が満開で見頃を迎えていた。


画像
<幸せの鐘>
多くのカップルが、この鐘を鳴らしていく。

画像

画像
<日本の道100選の碑>
自転車の形をしている。
画像


画像
<恋路ヶ浜>
画像





画像
<伊良湖岬灯台>
渥美半島の先端!
画像
画像
画像
ここまでの走行距離は38.87km。


画像
<伊良湖岬から見た神島(三重県鳥羽市)>
三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった島。
※「潮騒」は読んだことありません。


画像
<道の駅 伊良湖クリスタルポルト>
伊良湖岬にある道の駅。
道の駅のすぐ隣に伊勢湾フェリーの発着場もある。
画像

画像
<伊勢湾フェリー>
伊良湖と鳥羽(三重県)を55分で結ぶフェリー。
4歳か5歳の頃に乗ったが、フェリーのおもちゃを買ってもらったことしか覚えていない。


伊良湖岬からは国道259号線(渥美半島の北側(三河湾側))を走って、東に向かう。
画像


伊良湖岬を出てすぐ、国道259号線から一直線に伸びる道が気になって寄り道。
あと、その一直線の道の先にある「立馬崎灯台」も気になったので行ってみることに。
画像
一直線の道は平坦で走り易いが、周辺の畑か牛舎から漂う牛糞のような臭いの中をひたすら走る。





画像
<立馬崎灯台(16:10)>
何だか想像していた灯台とは異なった立馬崎(たつまざき)灯台。
円筒ではなく四角い灯台で、小さい。
訪れる観光客などおらず、寂しい所。
画像
とりあえず、どんな灯台か見て納得。
1度訪れればいいかな。


画像
伊良湖岬から立馬崎までは14kmくらい。




画像
国道259号線をひたすら東に走る。
追い風なので楽チンだが、かなり日が傾いてきた。


画像
<白谷海浜公園(17:30)>
ようやくスタートした白谷海浜公園へ戻って来た。
画像
<三河湾に沈む夕日>
三河湾に沈んでいく夕日を眺めながら一息。


画像
今回の渥美半島一周サイクリングの走行距離は75.75km。



太平洋側は多くのサイクリストがいたが、三河湾側を走る人は見なかった。
伊良湖岬へ向かう時は向かい風で疲れたが、天気も良く楽しいサイクリングだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の渥美半島一周サイクリング(その2) waraton's Room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる