waraton's Room

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥羽の駅ビルで蒸し牡蠣三昧!「○八食堂」(三重県鳥羽市)

<<   作成日時 : 2017/03/20 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

3月の3連休最終日、家族で伊勢志摩へ出かけた。
海の駅黒潮ダイニング」で豪快な海鮮丼を食べ、志摩半島の岬巡りをして鳥羽駅へ。
鳥羽駅へやって来た目的は、冬の味覚「牡蠣」。
JR鳥羽駅の駅ビル2階にある「〇八食堂」で、お値打ちに蒸し牡蠣が食べられるのだ。
果たして、「〇八食堂」のお値打ちな蒸し牡蠣とは?!

画像

【店名】
 ○八食堂(まるはちしょくどう)
【営業時間】
 日〜金 11:30〜18:30
 土   11:30〜15:00、17:00〜20:00
 ※ネタが無くなり次第閉店
【定休日】
 不定休
【駐車場】
 なし(近隣にコインパーキングあり)
【座席】
 42席(カウンター4席、テーブル20席、座敷18席)
【所在地】
 三重県鳥羽市鳥羽1-8-13 JR鳥羽駅名店街
【TEL】
 0599-25-8880

■蒸しかき 大(2000円)
画像

蒸しかきは、大(約50ケ/2000円)、中(約30ケ/1300円)、小(約15ケ/650円)からチョイスできる。
今回は、家族3人で大をシェアして食べることに。
画像


店員が店の隅でマーブルコートの鍋に牡蠣を入れ、卓上コンロでしばらく蒸す。
キッチンタイマーの音が鳴り響いたかと思うと、目の前に牡蠣の入った鍋が運ばれてくる。

殻付きの牡蠣が入った鍋、普段の生活ではあまり見ない光景に何だかワクワクする。
殻は自分で剥かないといけないのでちょっと面倒だが、たまにはいい。

画像

薄いヘラのようなものを、殻の隙間に差し込み、貝柱を殻から外す。
ちょっとコツが要るが、すぐ慣れる。
貝柱を外すとパコっと殻が開く。

画像

プリっとした牡蠣が出てくると、思わずニヤけてしまう。
殻の大きさや身の大きさにバラつきはあるが、どれも美味しい。
ちょっとしょっぱいが、磯の香りと牡蠣の旨味が口の中に充満する。

画像

実際の所、何個の牡蠣が入っていたのか分からないが、3人でシェアして食べて満足な量。
的矢や浦村周辺では、予約制で牡蠣食べ放題の店が色々あるが、ここは予約なしでお値打ちに食べられる。
牡蠣を堪能するには穴場的な店かも。


■お店について
JR鳥羽駅の駅ビルの2階、JR鳥羽駅名店街の一角にある。
画像

3月の3連休最終日の15:30前に訪れたが、店員から刺身類は全て売り切れと言われた。
目的が蒸し牡蠣だったので刺身が無くても問題なかったが、何組もの客が何も食べずに引き返していった。
画像
画像


メニューには、海の幸を使った定食や丼が色々載っている。
<メニュー>
画像
画像
メニュー右下の「何かの南蛮漬」が何だか不気味な感じに思えるのは自分だけ?

画像
画像




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 鳥羽駅中之郷駅


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥羽の駅ビルで蒸し牡蠣三昧!「○八食堂」(三重県鳥羽市)  waraton's Room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる