waraton's Room

アクセスカウンタ

zoom RSS メロンパンの丸ごとラスクはちょっとビミョー!「Melon de Melon」(名古屋市中区)

<<   作成日時 : 2017/03/31 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年12月に名古屋に初上陸したメロンパン専門店「Melon de Melon」(メロン ドゥ メロン)。
桜山店を皮切りに次々と新店をオープンさせ、3月には4店舗目となる伏見広小路店が開店した。
以前桜山店で買ったメロンパンは美味しく、家族にも好評だった。
その伏見店をちょっと覗いてみると、メロンパンのラスクが販売されていた。
気になったので購入してみた。
果たして、メロンパンで作ったラスクとは?!

画像

【店名】
 メロンパン専門店 Melon de Melon(伏見広小路店)
【営業時間】
 10:00〜20:00
【定休日】
 年中無休
【駐車場】
 なし
【所在地】
 名古屋市中区栄1-4-3
【TEL】
 052-265-8618
【URL】
 http://melon-de-melon.com/


■極meラスク(200円)
画像

極meラスク(Kiwami Lusk)というネーミングが面白い。
店頭のショーケースの上のカゴに入れられて販売されているが、よくよく見ると色々種類がある。
画像

スタッフに聞くと、紅茶、チョコチョコ、ストロベリー、チョコチップがあるとのこと。
風味が良さそうな紅茶と、チョコ好きなのでチョコチョコの2袋を購入。

画像

まず紅茶メロンパンのラスク。
紅茶の香りがしっかり出ていて、なかなかいい。
画像

持ってみると、とても軽い。
元々のメロンパンがふんわりフワフワの生地なので、ラスクにすると軽くてポロポロ。
画像

どうもラスクというと、幼い頃に食べたアイシングがべっとり塗られ、硬いイメージがある。
そんなイメージとは全く異なるラスクだ。

ちょっとこの軽くてポロポロした生地のラスクは、個人的にイマイチ。
何と言うか、フリーズドライのメロンパンのような感じ。
お湯で戻してフワフワメロンパンにして食べたい。


画像

続いてチョコチョコメロンのラスク。
こちらも、チョコというかココアの甘い香りは気持ちいい。
画像

ザクっとした表面は甘くて食感もいい。
ただ、中の生地は紅茶同様、軽くてポロポロ。
画像


う〜ん、Melon de Melonのメロンパンは、ラスクより普通に食べた方が断然美味しいかな。


■お店について
名古屋市営地下鉄東山線の伏見駅から、広小路通を西に歩いた場所(ヒルトンホテルの手前)にある。
店は間口が狭く、奥にメロンパンを焼く厨房がある。
女性客が多い。



関連ランキング:パン | 伏見駅国際センター駅丸の内駅


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メロンパンの丸ごとラスクはちょっとビミョー!「Melon de Melon」(名古屋市中区) waraton's Room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる