waraton's Room

アクセスカウンタ

zoom RSS 猿投山に登ってみた(その1)

<<   作成日時 : 2017/05/19 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

自宅から北東の方角に見える山、猿投山。
昔から気になっていたその山の名前を知ったのはつい数年前。
自宅から見えるのだから、あの山から自宅も見えるんだろうなと思っていた。
GWに嫁さんと豊田市のカフェ亀ゴージュへ行った帰りに、初めて猿投神社を訪れた。
猿投神社を参拝した際、猿投山が東海自然歩道を使って気軽に登山できる山だと知った。
そこで、休暇を取って平日に猿投山に登ってみることにした。

画像


登山者用かどうかは分からないが、猿投神社から少し奥に入った所にトイレを完備した無料駐車場がある。
ここから猿投山の頂上を目指す。
画像
<駐車場>(8:25)
平日だが、結構車が停まっている。
ほとんど地元ナンバーの車だ。


<猿投山登山案内図>
画像
駐車場にある案内図で、コースを確認する。
画像

駐車場から猿投山山頂までは130分くらいの行程らしい。

今回のコースは次のとおり。
<往路>
 駐車場 → トロミル水車 → お倉岩 → 御門杉 → 観光展望台 → 
  東の宮 → カエル岩 → 山頂
<復路>
 山頂 → 東の宮 → 御船石 → 西の宮 → 球場花崗岩(天然記念物) → 
  御門杉 → 駐車場

画像
<トロミル水車>(8:33)
陶磁器用に良質な陶土を作るための水車らしい。
現在は観光用として回っているようだ。


画像
<お倉岩>(8:40)
三角柱の形をした岩。


画像
<東海自然歩道本道入口>(8:41)
駐車場からここまでは舗装路だったが、これから東海自然歩道に入る。
画像
画像
画像
<御門杉>(8:41)
東海自然歩道に入ってすぐの所にある立派な杉の木。


画像
<東海自然歩道>
こんな感じの歩道が続く。
結構急な階段もあり、息が上がる。


画像
<休憩所>(9:05)
休憩したい所だが、ここでは休まず先に進む。
画像


画像
<大岩展望台の案内>(9:10)
途中、「大岩展望台」という見落としそうな小さな案内がある。
2分で行けるならちょっと寄り道してみることに。


画像
<大岩展望台>(9:13)
自然の巨岩が、そのまま展望台になったような感じ。
画像
大岩展望台からの眺めは、この後到着する頂上よりもいい。
猿投山の東−南−西の眺望が楽しめる。

画像
東海環状自動車道が見える。

画像
自宅のある日進市方面の眺め。
名鉄豊田線の米野木駅前の高いマンションが見える(写真中央左寄り)。
その少し右に梨の木小学校、そのすぐ近くに自宅が見えてるはずだが...
う〜ん、よく分からない。


画像
大岩展望台から約10分、再び舗装路に出る。
ここから山頂方面とは逆方向になるが、観光展望台へ寄り道する。
画像

画像
観光展望台へ向かう舗装路は、こんな感じの細い道。


画像
<観光展望台入口>(9:38)
画像
画像
観光展望台へ続く急な階段。

画像
<観光展望台>(9:41)
画像
画像
画像
正直なところ、眺めはイマイチ。
先に訪れた大岩展望台の方が眺めがいい。


来た道を戻り、東の宮を目指す。
画像
<東の宮の鳥居>(9:55)
ここから再び東海自然歩道に入る。
画像
東の宮の創建は平安時代の後期らしい。

画像
<東の宮>(10:15)
画像
画像
左手の方に東海自然歩道が続く。山頂まであともう少し。


画像
<カエル岩>(10:26)
何だかな〜な感じのカエル岩。
何で目と口を書いちゃうのかな〜?
画像
でも、目と口を描いてくれたお陰でこの岩がカエル岩と分かるか。


画像
やっと猿投山山頂に到着!(10:36)
駐車場を出発して2時間10分くらいで到着。
画像
<猿投山山頂>
標高629m

しかし、やっとの思いで到着した山頂の看板の隣には、タバコを吸う年配の登山者。
山頂でタバコを吸いたくなる愛煙家の気持ちも分からないでもないが、嫌煙家は不快になる。
後からやって来た2人の登山者が「タバコが嫌いな人にはその臭いが気になる。」とやんわりタバコを止めるようタバコを吸っている登山者に言う。
すると、「ここで一服するのがウマイんだ。」と喫煙者。
再び2人の登山者が「周りの人はその煙を不快に思うんだ。」と言う。
すると喫煙者が「タバコを吸う人にとって、吸わない人は迷惑なんだ。」と訳の分からないことを言い出す。
いい歳してダメだこの人。周りの人もきっと呆れただろう。

続きは「猿投山に登ってみた(その2)」へ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猿投山に登ってみた(その1) waraton's Room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる